Blog Profile Photo Albums Map Reservation Breakfast Guest Houses Location News Top

Guest Houses 焦がしバターのお話。

いつか見た夢。

レンガ煙突の家がレセプションです。ここが一家の住む家でもあります。隣のガレージハウスとともに、家具やインテリア、そのほかの造作物など、ここでいろんな実験制作をして客室へ展開しています。Bistroのメニュー開発もこちら。レセプションのほか、厨房、給水設備・バックヤード・ミーティングルームなどが入っています。2010年、レセプションに併設してドーム型のコンサバトリーを作りました。冬でもマイナスにならないことから常緑の鉢植えなどのほか、出番待ちの雑貨やアンティークが置いてあります。また図書やカトラリーなどはご自由にこちらからお持ちだしください。
セルフで仕上げたゲストハウスの壁は「焦がしバター」とか「とろけたバター」ってよく呼ばれます。せっかくですから家名を「BUTTER WALLS」と名乗っています。バター・ウォールがぐるりと囲んでザワザワ村の独特の別世界を織りなしました。

暮らしのなかに来てもらう、そんな田舎ホテル。

スタッフはみんな、農場とホテルを兼務しています。作物を育て、天候とたたかい、薪を割り、動物を慈しみ、家を建て、お料理とお酒が大好き。そんな田舎暮らしそのものの中に来ていただきます。
だから、都会にあるような美食家のための豪勢なホテルにはなれません。かわりに、どこかに置き忘れてきた居心地のある、気軽に振る舞うことのできる穏やかな場所でありたい。そんなココロの置き場所になりたいと思っています。

旅を知る人のための、つくりモノじゃない、本物のドキュメント。

1軒まるごとプライベートに借りきって楽しめる2階建てのカントリー・コテージです。 それに1日5組さま(5棟)だけ。占用できるスペースは室内が約80㎡、テラスを合わせると100㎡以上になります。マイ別荘の感覚で、気兼ねなくお過ごしいただけると思います。
お二人連れ、お友だち連れでの旅をはじめ、小さなお子さま連れでのご利用も多いです。安心してお越しください。

木や鉄や土、古びた自然素材のやさしさ。

古ぼけた床、使い古したテーブル、表情ゆたかな土壁。ほんとうに古いものを生かして、気の遠くなるようなときも少しずつ、手づくりしてきました。石や木。時を経たモノがなぜだか好きです。芸術をこえる必然を感じます。ココロにもカラダにもやさしい、自然素材のリビング&ダイニングになりました。傍らに愛読書と煎りたてのコーヒーをどうぞ。
光と風いっぱいに、サンルームでハンモックに身をあずける・・・まるで空の一部になるようです。流れる雲に自分もシンクロしていくのがわかります。丘をのぞむ大きなサンルームは、すべてのゲストハウスにございます。1Fにそなえたグラウンドテラスと、2Fのスカイテラス。2タイプ(選べません)。

設備・備品
  • ・展望サンルーム
  • ・ガスストーブ、ダイニングテーブル、ソファ、などリビングセット
  • ・チェア式ハンモック
  • ・冷蔵庫(有料にてアルコール、ソフトドリンク)
  • ・小屋裏ベッドルーム(4台)
  • ・扇風機(空気循環用のサーキュレーターです)
  • ・湯沸しポット
  • ・展望バスルーム(洋式バス)
  • ・トイレ(ウォシュレット、暖房便座つき)
  • ・洗面コーナー(2箇所)
  • ・ドライヤーなど

※注 自炊はできません。
※注 ランドリー施設、エアコン(冷房)はございません。

アメニティ
  • ・歯ブラシ
  • ・バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、バスマット
  • ・フレーバーティー
  • ・シャンプー、ボディソープ、ハンドソープ
  • ・自家焙煎コーヒー豆、ミル、ドリッパー、他セット
  • ・小皿、グラスなどの食器、簡単なカトラリーなど一式
以下はレセプションまでご用命ください。
    ・パジャマ(有料レンタル¥300)できるだけご持参ください。
    ・ミニベロ(小径自転車)のレンタル(有料、4台まで)ございます。